環境省ea21

環境省の定めたエコアクション21とは

ea21

エコアクション21は、環境省が策定した「環境経営」の認証・登録制度で日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。
一般に「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法で基礎として組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めたもので、
社会や取引先からのCO2ゼロの要請にこたえる「新しい」企業価値を創るための方策です。

「環境経営」の認証・登録制度

エコアクション21認証・登録

事業活動と環境とのかかわりに気づき、目標をもち、行動に移し、「企業価値を高める」環境経営を推進しています。
エコアクション21の取り組み方は、Plan⇒ Do⇒ Check⇒ Actの4つのステップで取り組みます。
plan⇒環境負荷を把握し、経営上の課題やチャンスを府まで環境経営の方針・目標をたてます。
Do⇒目標達成のための仕組みを作り、行動を起こします。
Check⇒取組の結果を分析して、評価
Act⇒評価を基に、次の改善へつなげる活動を実施します。
一連の取り組みは「環境経営レポート」にまとめて公表、更なる活動を推進し企業価値を高めていきます。